住所

〒244-0002
神奈川県横浜市戸塚区矢部町125


大きな地図で見る

善了寺とは

鎌倉時代に活躍された親鸞聖人の流れをいただく浄土真宗本願寺派(通称 西本願寺)で横浜市戸塚区矢部町にきて約400年のお寺です。神奈川県初のお寺のデイサービス「還る家ともに」、福祉バザーなど地域に密着した福祉活動、NPO法人カフェ・デラ・テラや地元商店会、町内会と共に、地域活性に積極的に取り組み、現代におけるお寺のあり方を追求しています。

御住職

成田智信

概要

■TEL
045-881-0348
■FAX
045-881-0379
■HP
http://www.zenryouji.jp/

テーマソングプロジェクトー善了寺ー

御住職の一言

「すべてのお寺は平和のためにある」私が出遇った大切な言葉が息づている素敵な曲ですね。善了寺には、聞思堂という、藁と土の壁でできたお堂があります。このお堂は、匠の方々の素晴らしい技術とそして、多くの方々のボランティアをいただいて、藁を積み、土を塗り、手作りのお堂として東日本大震災のあった年に着工し、翌年完成しました。これからも、kaho*さんの曲と共に、何百年もの時を超えて、多くの皆さん共に、平和の願いを伝えて、平和の文化を生み出していく場所として歩んでいきたいと思います。

kaho*の一口メモ

この曲の主なテーマは、「自然と共にいること」「悲しみに寄り添える場所」そして「平和への願い」です。
聞思堂ができるまでの資料DVDを見て、本当にたくさんの方々の協力のもと、その想いたちが形になったんだなあと感動しました。
そして何度か足を運び、聞思堂の自然によって作られた優しい空気を肌で感じ、ゆったりとした曲に仕上がりました。
流れる時の中で繋がっていく記憶や平和な世界への願い、人と自然はいつでも共にいるということを、この曲を通して感じていただけたら嬉しいです!

願い

木々の温もり 太陽の光
踏みしめる大地

無数の命の 静かな呼吸が
ありのまま 心を包んでいく

時は流れ 変わり続け
悲しみは絶えなくても
記憶の中 生き続けている
平和への願いがここにある

壁に耳をあてて 目をつむって 感じる
温かな 誰かの温もり

遥かな空 きらめく星
時を越えるこの願いは
土となり屋根となり
寄り添える そんな場所になる

聞こえてきた想いを
語りかけてみるよ
どんな時でもきっと
あなたと共にいる

時は流れ 変わり続け
悲しみは絶えなくても
記憶の中 生き続けている
平和への願いがここにある